会社概要|あづみ野エフエム|長野県 安曇野市 コミュニティエフエム

番組審議会

1. 開催年月日  平成31年1月29日 13時00分~14時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
         出席委員  5名
               平倉 勝美  委員長
               細川 博水  副委員長
               平林 千代  委 員
               浅川 拓郎  委 員
               輿  智幸  委 員
         欠席委員  0名
        放送事業者側 4名
               花村  薫   代表取締役
               飯沼 博則  取締役
               中田 公久  放送局長
               田中 博敏  営業部長

4. 議題
  (1)花村社長あいさつ
  (2)放送運営状況、事業動向について(報告)
  (3)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
  (4)番組審議
   ① おひさまサークル「新鮮・安心・採れたて旬だより」
   ② その他番組について

5. 議事の概要
   前回の審議会の意見に対する措置状況等の報告に続き、おひさまサークル
   「新鮮・安心・採れたて旬だより」、その他番組について審議

6. 審議内容
  (1) おひさまサークル「新鮮・安心・採れたて旬だより」
   ・毎週月曜13時台にパーソナリティの中川裕子さんが、主にハイジの里のセンター長 と
    電話を繋いで、旬な食材や催し物などを取り上げるコーナー
   ・サンプルとして 1月14日 放送分を7分ほどに編集したものを聞いて頂いた
   ・センター長の声は元気があって良いが、マイクの音質をもう少し向上できると良い
   ・少し商品の紹介が多いように感じた、協力だけでなくスポンサーになって欲しいですね
   ・同じような取組を他の直売所でも行い、実際の現場からの中継があっても良い
   
  (2) その他
   ・ひきこもりラジオ~ここで、つながる~ (第1土曜日17時) が議題に上がった
   ・ひきこもりや自殺などは地域としても気になっており、このような番組は良いと思う
   ・同様な視点で、独居老人に訴えかける番組も検討してはどうか
   ・防災ラジオについても議題に上がった
   ・地域特有のお知らせを放送してもらえると良い
   ・有事の際に聞いてもらうため、必要情報を厳選して放送すべきという考え方もある
   ・本日の「安曇野警察署からのお知らせ」で話された方は上手でしたね
   
7. 審議機関の意見に対しての措置
  (1) おひさまサークル「新鮮・安心・採れたて旬だより」
   ・センター長とのやり取りは、電話で行っているため音質向上は難しいが、
    音圧レベルの調整などで、より聞きやすい声になるような調整を検討する
   ・ハイジの里の母体である JAあづみに対しては直売所案件を含め、提案中である
   ・直売所に限らず、特派員による生中継番組の検討も引き続き行う
   
  (2) その他
   ・ひきこもりラジオ は1月から番組時間を拡大して55分番組とした
   ・独居老人に訴えかける番組の検討をしていきたい
   ・引き続き、地域のイベント情報は積極的に放送していく
   ・行政広報の防災ラジオの自動起動については検討中

1. 開催年月日  平成30年11月29日 12時00分~13時30分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
         出席委員  5名
               平倉 勝美  委員長
               細川 博水  副委員長
               平林 千代  委 員
               浅川 拓郎  委 員
               輿  智幸  委 員
         欠席委員  0名
        放送事業者側 4名
               花村  薫   代表取締役
               飯沼 博則  取締役
               中田 公久  放送局長
               田中 博敏  営業部長

4. 議題
  (1)花村社長あいさつ
  (2)放送運営状況、事業動向について(報告)
  (3)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
  (4)番組審議
   ① セピア色に染めて
   ② その他番組について

5. 議事の概要
   前回の審議会の意見に対する措置状況等の報告に続き、
   セピア色に染めて、その他番組について審議

6. 審議内容
  (1) セピア色に染めて
   ・井上 桂 が懐かしいヒット曲を集めてお送りする音楽番組
    毎週木曜日 18:30~ 25分間
    年配者リスナー層を意識したゆったり聴ける番組
   ・曲をフルに流す点、テーマに沿っている点、帰宅時間帯の放送である点 が良い
   ・トークを長くすべき、音楽を多く聴いてもらうべきという相反の意見あり
   ・廃版曲をまとめる、30年後のセピア色として最新曲を取り上げるなども良いと思う
   ・良いスポンサーが見つかり、他の曜日に展開していく事ができれば良いですね
   
  (2) その他
   ・先日の公開生放送で むさしのFMとコラボレーションした件が議題に上がった
   ・安曇野市の姉妹都市と交流を深めるのは良い企画だと思う
   ・地域おこし協力隊員をラジオで取り上げてはどうか
    彼らは問題意識を持っているため、市の発展にも 彼らの張り合いにもなると思う
   ・あづみ野エフエムが接着剤となり、地域の活性化に繋がれば良い
   ・グルメ散歩(番組名)では、過去に行ったお店に再度行っても良いのではないか

7. 審議機関の意見に対しての措置
  (1) セピア色に染めて
   ・良い意見が多数あるため、基本的には現在の路線で進める
   ・トークと曲についてはバランスを検討して、より良い番組づくりを検討する
   ・様々なテーマの検討やスポンサー探しも引き続き進める
   
  (2) その他
   ・安曇野市の姉妹都市にある他局とのコラボレーションも引き続き検討する
   ・現行の多士済々(番組名)でも、地域おこし協力隊の方は出演してもらっている
   ・引き続き、地域おこし協力隊の方と協力した番組づくりを行う
   ・地域おこし協力隊の方が主体となる 30分程度の番組にできないかを検討する

1. 開催年月日  平成30年9月26日 13時00分~14時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
         出席委員  3名
               平倉 勝美  委員長
               輿  智幸  委 員
               浅川 拓郎  委 員
         欠席委員  2名
               細川 博水  副委員長
               平林 千代  委 員
        放送事業者側 3名
               花村  薫   代表取締役
               中田 公久  放送局長
               田中 博敏  営業部長

4. 議題
  (1)花村社長あいさつ
  (2)放送運営状況、事業動向について(報告)
  (3)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
  (4)番組審議
   ① あづみ野 You Gotta情報局 防災特集
   ② その他番組について

5. 議事の概要
   前回の審議会の意見に対する措置状況等の報告に続き、
   あづみ野 You Gotta情報局 防災特集、その他番組について審議

6. 審議内容
  (1) あづみ野 You Gotta情報局 防災特集
   ・パーソナリティの関川誠と、スタッフで防災士の竹川史幸が生ワイド番組内で
    不定期に開催している防災に関して語り合うコーナー
   ・サンプルとして、8月2日放送分 を聴いて頂いた
   ・防災士の声が聴きやすく、知識があり、分かりやすい説明に好感を持った
   ・パーソナリティの「知らなかった」というコメントに共感を持った
    (リスナーと同じ目線で考えると分かりやすく伝わる)
   ・声だけで物を表現するのは難しいと思うが、それを表現できる語りを検討して欲しい
   ・このように防災に力を入れていくのは良いと思う
   
  (2) その他
   ・今回は8月14日に行った安曇野花火の生中継番組が審議対象に上った
   ・花火のインターバルで、気の利いた喋りがもっとあると良いと感じた
   ・花火を表現して伝えるのは大変だと感じた
   ・プロが喋りすぎるよりも、観客のインタビューをもっと取り入れても良いと思う
   ・若い人が集まってきているから、その人たちにインタビューしても良いと思う
   ・その他にも、再放送枠を4月から減らしたことについて審議あり

7. 審議機関の意見に対しての措置
  (1) あづみ野 You Gotta情報局 防災特集
   ・防災はコミュニティFM局の使命の一つでもあるため、引き続き 放送を通じ、
    市民の皆様の防災意識向上に繋げていきたい
   ・ラジオの特性を生かした イメージが沸きやすい防災番組を心掛ける
   ・不定期ではなく、ひとつのコーナーとして定着させていく検討をする
   
  (2) その他
   ・来年の安曇野花火生中継では、より現場の雰囲気を伝えられるようにしていく
   ・再放送枠の制作には、編集に時間がかかり、効率的でない部分もあった
    再放送枠を減らしたが特にクレームはないため、このまま進めていく
    引き続き、品質を落とさないよう、効率的な番組づくりを検討する

1. 開催年月日  平成30年7月23日 13時00分~14時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
         出席委員  5名
               平倉 勝美  委員長
               細川 博水  副委員長
               輿  智幸  委 員
               浅川 拓郎  委 員
               平林 千代  委 員
         欠席委員  0名
               
        放送事業者側 4名
               花村  薫   代表取締役
               飯沼 博則  取締役
               中田 公久  放送局長
               田中 博敏  営業部長

4. 議題
  (1)花村社長あいさつ
  (2)放送運営状況、事業動向について(報告)
  (3)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
  (4)番組審議
   ① おひさまサークル「安曇野の良さを伝え隊 の 安曇野の良さを伝えた~い!」
   ② その他番組について

5. 議事の概要
   前回の審議会の意見に対する措置状況等の報告に続き、
   おひさまサークル「安曇野の良さを伝え隊 の 安曇野の良さを伝えた~い!」、
   その他番組について審議

6. 審議内容
  (1) おひさまサークル「安曇野の良さを伝え隊 の 安曇野の良さを伝えた~い!」
   ・臼井則孔 と 安曇野の良さを伝え隊(イベント企画をしている女性2人組)が
    安曇野の良さを伝える番組。サンプルとして初回分(7/13)を聴いて頂いた
   ・20代の若い人が安曇野の良さをアピールするために、良くやっているという印象
   ・年配者には受け入れられないかも知れない。良くわからない。
   ・まだまだという印象もあるが、回数を重ねることでステップアップを期待したい
   ・一過性の楽しさだけで終わらせないで欲しい
   ・放送する側としては、やり方はいろいろあって良いが、コンセプトを明確にすべき
   ・年配の人が聞くことで新たな発見があると良い。融合できると良い。
   ・年配者による文化からの脱却になるべく、新しい文化の発信になれば良い
   ・地域にいる人にフォーカスを当てて、どのような生活をしているか取り上げても良い
   ・若い人を育てていくという視点があっても良いと思う
  (2) その他
   ・ディレクター不在の中、柔軟にやっている所に強さを感じた。
   ・7月は職場体験学習として、2校の中学生が来て生放送に出演した
    地域の良さを調べてもらい、自分の言葉で喋ってもらうような番組にしている
   ・土曜日の番組ではイベントなうというコーナーで取材に出ることができるため、
    取り上げたいイベントがあれば、連絡頂ければと思う


7. 審議機関の意見に対しての措置
  (1) おひさまサークル「安曇野の良さを伝え隊 の 安曇野の良さを伝えた~い!」
   ・コンセプトを明確にし、一過性でない息の長い番組づくりを進めたい
   ・番組づくりを通じ、若者が成長できる場にしていきたい
   ・志のある若者と年配の有識者が意見交流する場にもっていく事も考えたい

  (2) その他
   ・職場体験を通じて、地域の良さを知ってもらう番組づくりをしていくこととしたい
   ・イベントの告知に土曜日のコーナーを利用してもらうよう働きかけていく

1. 開催年月日  平成30年5月17日 14時00分~15時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
         出席委員  4名
               平倉 勝美  委員長
               輿  智幸  委 員
               浅川 拓郎  委 員
               平林 千代  委 員
         欠席委員  1名
               細川 博水  副委員長
        放送事業者側 3名
               花村  薫   代表取締役
               中田 公久  放送局長
               田中 博敏  営業部長

4. 議題
  (1)花村社長あいさつ
  (2)放送運営状況、事業動向について(報告)
  (3)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
  (4)番組審議
   ① 中柴香苗の水色の時間「マリオの音楽風~イタリア紀行~」
   ② その他番組について

5. 議事の概要
   前回の審議会の意見に対する措置状況等の報告に続き、
   中柴香苗の水色の時間「マリオの音楽風~イタリア紀行~」、その他番組について審議

6. 審議内容
  (1) 中柴香苗の水色の時間「マリオの音楽風~イタリア紀行~」
   ・国内外で活躍されるテノール歌手 マリオさん(静岡出身、東京在住)と共に、
   イタリアの文化などを紹介するコーナー。国際交流を考えた時にこれからは
   地域としても、外国を知る場があると良いと考え企画
   ・サンプルとして4月24日放送分(初回)を聴いて頂いた
   ・イタリア「水の都」と安曇野「水鏡」のように、風土の類似点を結びつけてはどうか
   ・安曇野にいながら他文化に触れられる事、話し方に親近感がある事が良い
   ・イタリア語を覚えた感覚になるのも良い
   ・全国放送ではないので、こてこての安曇野らしい番組の方が良いのではないか
   ・番組自体は良いと思う。発展性にも期待したい。
  (2) その他
   ・パーソナリティの発音に疑問符が付く時がある。方言が出るのは良いが、
    ニュースや地名でのイントネーションには気を付けて欲しい
   ・安曇野市以外の方がパーソナリティになる事は発音の面ではマイナスに
    働く事もあるかも知れないが、受け入れて、それを生かすのも良いと思う
   ・パーソナリティが頻繁に変更するのは良くないため、より良い環境を希望する
   ・ジャズチャンネルがあるなら、演歌の番組があっても良いと思う

7. 審議機関の意見に対しての措置
  (1) 中柴香苗の水色の時間「マリオの音楽風~イタリア紀行~」
   ・イタリアと安曇野の風土の類似点を見出しての紹介や、経験を通じたイタリア語、
    文化の紹介を行い、より興味を持ってもらえるような番組制作を進める
   ・市の外国人の誘致活動に沿った企画も検討していく

  (2) その他
   ・パーソナリティについては、生放送前の読み合わせなどを通じ、教育していく
   ・独り立ちするまでフォローしていくため、少し長い目で見て頂きたい
   ・昭和歌謡の番組の検討を引き続き進める

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ≫
  • 緊急告知機能付き防災ラジオ
  • お問い合わせ・リクエスト
  • FAX0263-62-0207
  • タイムテーブル
  • お知らせ
  • プレゼント

あずみ野エフエム株式会社

〒399-7194
長野県安曇野市明科七貴6043
TEL.0263-62-0208
FAX.0263-62-0207
お問い合わせ
access map

詳しい地図はこちら