会社概要|あづみ野エフエム|長野県 安曇野市 コミュニティエフエム

番組審議会

1. 開催年月日  平成29年5月10日 13時30分~15時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席  委員総数  5名
         出席委員  3名
               平倉 勝美  副委員長
               平林 千代  委 員
               浅川 拓郎  委 員
         欠席委員  2名
               細川  修   委員長
               細川 博水  委 員

        放送事業者側 5名
               花村  薫   代表取締役
               飯沼 博則  取締役
               中田 公久  局長
               佐々木幸輔  編成業務部長
               田中 博敏  総務営業担当マネージャー

4. 議題
  (1)花村社長あいさつ
  (2)放送運営状況、事業動向について(報告)
  (3)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
  (4)番組審議
   ① 安曇野街角レポート
   ② その他番組について

5. 議事の概要
   前回の審議会の意見に対する措置状況等の報告に続き、
   「安曇野街角レポート」、その他番組について審議

6. 審議内容
  (1)「安曇野街角レポート」について
   ・「おはよう!あづみ野」内で、4月11日に明科駅前で明科高校あいさつ運動の
    中継、5月3日のファインビュー室山からの中継の模様を聴取。
   ・高校生のレポートは楽しい雰囲気が伝わってきて良かった。
    できれば、「おはようございます」の市民の方の声を多く拾ったほうが良い。
   ・ガソリンスタンドや他の地区の挨拶運動でも同様のことができると良いと思う。
   ・室山のレポートは綺麗な情景や東京から来た人を案内し感動していたことを
    思い出した。安曇野について説明するのによい場所と考える。
   ・このような中継にスポンサーがつけばいい。
    安曇野の各地を結び景色の発信ができると良い。
  (2)その他
   ・安曇野市の観光促進の一助として何か考えられないだろうか。
   ・合併前の各地区間の情報共有を進められればと考える。
   ・各地区の地元の方たちに安曇野市の名物は何か?と聞いてみるのも面白い。
    例えば、安曇野市を代表するお菓子として何があげられるか、各地区によって
    異なるのではないか。
   ・安曇野市内の各地区を結びつけるために、矛盾するようだが、
    各地区に特化した番組を作ってはどうか。他の地区に知ってもらい、
    時には競い合うことで、結びつけていければ良いと思う。
    それが地域力につながるのではないか。

7. 審議機関の意見に対しての措置
  (1)「安曇野街角レポート」について
   ・引き続き、市内各所からの中継で地域のみなさんの声を届けられるように
    していきたい。
   ・いずれは各地区に通信員をつくり登場してもらう事でそれぞれの地域の情報を
    発信できる形をつくり有事の際の対応を展望した形をつくっていきたい。
  (2)その他
   ・各地区の区長会長と連携して、今後、各地区のみなさんによる番組づくりを
    検討していく。地域と地域、人と人をつなげていくのはコミュニティFMの
    使命でもあるので、各地区を結びつけるような番組になることを念頭においた
    企画を考えたい。

1. 開催年月日  平成29年3月15日 12時30分~14時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席   委員総数  5名
         出席委員  5名
               細川  修   委員長
               平倉 勝美  副委員長
               浅川 拓郎  委 員
               細川 博水  委 員
               平林 千代  委 員
         放送事業者側 5名
               花村  薫   代表取締役
               飯沼 博則  取締役
               中田 公久  総務部長
               佐々木幸輔  編成業務部長
               田中 博敏  総務営業担当

4. 議題
  (1)花村社長あいさつ
  (2)放送運営状況、事業動向について(報告)
  (3)4月番組改編内容について(報告)
  (4)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
  (5)番組審議
   ①細川委員長あいさつ
   ②「おいしい給食いただきました」について審議
   ③その他番組について審議

5. 議事の概要
   前回の審議会の意見に対する措置状況等の報告があり、細川委員長のあいさつに
   続き、「おいしい給食いただきました」、その他番組について審議

6. 審議内容
  (1)「おいしい給食いただきました」について
    ・放送開始から約2年半経過。各給食センターから各学校に送っている献立表
     をもらっている。タイトル通り、給食後の平日12時半からの放送。
    ・教育委員会には食育担当がいて、学校での食育活動は進められており、子供の
     食への関心は高いと思う。一方、食についてよく考えている親とそうでない
     親の格差は大きいと感じる。
    ・他の学校の情報が簡単に入手できて良いと思う。親子で食育を考える啓蒙が
     できればよい。母親に向けたメッセージを考えてみてはどうか。
    ・学校給食が休みの時は、栄養士の話を放送してはどうか。とげが立たない
     ように、ミニ知識や一般常識レベルの情報に留めても良い。
     栄養士に喋ってもらうのも良いのではないか。
    ・子供だけでなく、成人病予防の食育もどうか。健康志向、グルメの方向は良い。
    ・食育は、栄養士だけでなく、生産、流通の人からも話が聞けると良い
  (2)その他
    ・最近よく聞く詐欺対策の番組をお願いできればと思う。逆説的に、詐欺師に
     向けた番組というのも面白いかも知れない。
    ・他、防災ラジオ、ラジオ局の停電対策について質問あり

7. 審議機関の意見に対しての措置
  (1)「おいしい給食いただきました」について
    ・食育啓蒙のため、母親に向けたメッセージ発信に心掛ける
    ・学校給食が休みの時に、栄養士の方に出演して頂く方向で調整を進める
    ・その他、関係者として JA農産課の方から情報を入手していく。
  (2)その他
    ・通信員の取り組みは、生放送「おはよう!あづみ野」内で、まずはスタッフ
     を通信員としてスモールスタートしていきたいと思います。
    ・防災ラジオについては4月1日受付開始、5月1日販売開始で準備中。
    ・停電対策は、送信所、演奏所共にUPS、発電機を備えています。

1. 開催年月日  平成29年1月25日 13時30分~15時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
             出席委員  4名
                     細川  修   委員長
                     平倉 勝美  副委員長
                     浅川 拓郎  委 員
                      細川 博水  委 員
              欠席委員 平林 千代  委 員

              放送事業者側 4名
                     花村  薫   代表取締役
                     飯沼 博則  取締役
                     佐々木幸輔  ディレクター
                     中田 公久  総務部長

4. 議題
  (1)花村社長あいさつ
  (2)放送運営状況、事業動向について(報告)
  (3)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
  (4)番組審議
   ①細川委員長あいさつ
   ②「あづみ野探訪おじゃましま~す」について審議
   ③その他番組について審議

5. 議事の概要
   前回の審議会の意見に対する措置状況の報告があり、細川委員長のあいさつに続き、「あ
   づみ野探訪おじゃましま~す」、その他番組について審議

6.審議内容
  (1)「安曇野探訪おじゃましま~す」について
    ・今回の放送は消防団の出初式であったが、地域へ出ての番組づくりで地域を元気にし
     ていくのはコミュニティFMの使命だと思うので挑戦していってほしい
    ・安曇野には南農、穂商、池工と実業高校がいろんなことにとりくんでいるので、これら実
     業高校の取組みを取材してはどうか
    ・地域での話題が人と人、地域と地域のつながりをつくっていくので、地域の年間行事を
     取材計画にプラスして日々の情報を収集し、多くの地域の方々
     に出演していただき、リスナーを拡大していってほしい
  (2)その他
    ・全戸配布までにはいかなかったにしろ、防災ラジオの導入がみえてきたとのことで、あづ
     み野FMのリスナーが増えるのを期待している
    ・地域の社会的な問題に踏み込んだ番組を企画してはどうか
    ・地域の小中高校の放送委員会につのり、番組制作の研修を企画してはどうか。その後
     で各校の放送委員会が制作した番組コーナーを作ってはどうか
    ・各地に通信員をつくり情報収集体制を考えてはどうか。たとえば各地区の区長や公民館
     長、地区社協等にお願いしてもいい

7.審議機関の意見に対しての措置
    ・防災ラジオとして機能していくには平時のリスナー拡大が重要なので、防災ラジオの導
     入をとらえリスナーの拡大につなげていきたい
    ・イベントのリポートについては土曜日の「いいせやあづみ野」のコーナーで外中継を行っ
     ているが、情報番組には地域へ出てのリポートは必要なので、リポートの体制もある
     が、You Gotta情報局等の中で考えていきたい
    ・各校放送委員の研修と番組制作は来年度の中で企画できるよう検討していきたい
    ・特派員、サポーターづくりは開局当初からの懸案でまだ実行に至っていないので、具
     体化していくことにしたい

1.開催年月日  平成28年11月18日 14時30分~16時00分

2.開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3.委員出席 委員総数  5名
          出席委員  3名
                平倉 勝美  副委員長
                平林 千代  委 員
                細川 博水  委 員
           欠席委員   2名
                細川  修   委員長
                浅川 拓郎  委 員
           放送事業者側 4名
                花村  薫   代表取締役
                佐藤 英雄  放送局長
                中田 公久  総務部長
                佐々木幸輔  編成業務部長

4.議題
  (1)花村社長あいさつ
  (2)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
  (3)放送運営状況について(報告)
  (4)番組審議
   ①平倉副委員長あいさつ
   ②職場体験学習生“私の思い!”について審議
   ③その他番組について審議
5.議事の概要
  前回の審議会の意見に対する措置状況の報告があり、平倉副委員長のあいさつに続き、
  「職場体験学習生“私の思い!」その他番組について審議
6.審議内容
 (1)中学の職場体験学習生「私の思い!」について
  ・中学生に元気をもらえる新鮮でいい番組だ
  ・番組の最後に校歌を歌っているが、校歌が聴けいい構成になっている
   校歌を扱う番組も企画してほしい
  ・職場体験の内容が共有できるよう校内放送で流す等仕掛けてはどうか
  ・市内各校の放送委員会が出演する番組を制作し、定例化した番組を企画
   してはどうか
  ・市内各校の放送委員会を対象にしたコンクールを開催し、番組として取り上げる等しかけて
   はどうか
  ・年を追うごとに、職場体験学習で参加する学校が増えているようなので、あづみ野エフエム
   を聴いてくれる人を増やすためにも市内全校が参加してくるよう広げていってほしい
  ・市内の高校へもしかけていってほしい(特に実業高校)
 (2)その他について
  ・地域づくりは、そこに住む人々が集い交流することから始まる。そのコミュニティの場として
    地区公民館の活用があると思うが会議等以外では使用されていない現状なので、
    現在こどもを含め地域の住民が集える仕掛けをしている。番組でも取り上げてはどうか
7.審議機関の意見に対しての措置
  ・校歌を交えた番組企画は検討していくこととしたい
  ・開局前に教育現場でのコミュニティFMの活用について、教育委員会に提案したことがある
   が、諸事情があり実現していないので、職場体験の生徒出演の番組に、元気が出たとの市
   民のみなさんからメッセージもあることから、切り口をかえ番組企画を検討していきたい
  ・現在、安曇野部活日記という番組で中学、高校の部活動等を取材、生徒のみなさんに出演
   してもらっているので、これを核に番組の企画を検討していくこととしたい
  ・ラジオを通じ地域の人と人をつないでいくのが役割だと考えているので
   もっと地域へ出て、地域の情報を発信していく活動をしていくこととしたい

1. 開催年月日  平成28年9月25日 11時00分~13時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
             出席委員  3名
                平倉 勝美  副委員長
                平細川 博水  委 員
              欠席委員  2名  
                細川  修  委員長
                浅川 拓郎  委 員
              放送事業者側 4名
                 花村  薫   代表取締役
                飯沼 博則  取締役
                佐藤 英雄  放送局長
                中田 公久  総務部長

4.議題
 (1)花村社長あいさつ
 (2)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
 (3)放送運営状況、10月改編番組について(報告)
 (4)番組審議
   ①平倉副委員長あいさつ
   ②特番「安曇野市総合防災訓練」について審議
   ③その他番組について審議

5.議事の概要
  前回の審議会の意見に対する措置状況の報告があり、平倉副委員長のあいさつに続き、特 番「安曇野市総合防災訓練」、その他番組について審議

6.審議内容
 (1)特番「安曇野市総合防災訓練」について
   ・市民のみなさんへの防災意識の高揚という視点では特番は必要だと思う
   ・犀川の河川敷でイベントをやっていたが、7時のシェイクアウトの防災無線は聴こえなかっ
   た。そういう意味でも緊急告知ラジオについては引き続き導入へ向けた提案をしいってほし
   い
   ・ここのところの全国での災害状況をみても、安曇野についても他人事ではない。コミュニ 
   ティエフエムの存在をしっかりしめしていることが必要
   ・地域づくり、まちづくりの観点からも、コミュニティエフエムの存在は重要だと思うので、
   地域へはいっての深堀りがほしい
 (2)その他
   ・サテライトスタジオについてはどのように考えているか
   たとえば、第何週の土曜日はおでかけした公開生放送を、各地区を巡回しながら対応する
   等持ち回りで出向くことで、もっと地域の中にはいっていけるのではないか
   ・3月で終了した地域で活動している方々が出演し街づくりを主眼にした多士済々のような
   番組は、地域づくりのステーションをめざすあづみ野エフエムとしては取り組んでほしい番
   組なので、企画を検討をしていってほしい

7.審議機関の意見に対しての措置
   ・緊急告知ラジオの導入については、昨年来市議会でも取り上げられており、
   行政へも開局以来提案している案件で継続して打合せを持っている。近々
   行政としての方向性が示されると聞いている。引き続き導入については交渉していく事とし
   ている
   ・サテライトスタジオを展望して8月穂高駅前で実施したが、それなりの稼働が必要になる
   ので、旧5町村でそれぞれ場所を決め月1回ペースで実施
   ・多士済々は行政側のスポンサー打ち切りもあり一旦終了し、それに代わる番組として安
   曇野文化との連携番組をはじめたが、主旨的なところもあるので、来年度へむけて企画提
   案していきたい

  • 緊急告知機能付き防災ラジオ
  • お問い合わせ・リクエスト
  • FAX0263-62-0207
  • タイムテーブル
  • お知らせ
  • プレゼント

あずみ野エフエム株式会社

〒399-7194
長野県安曇野市明科七貴6043
TEL.0263-62-0208
FAX.0263-62-0207
お問い合わせ
access map

詳しい地図はこちら