会社概要|あづみ野エフエム|長野県 安曇野市 コミュニティエフエム

1. 開催年月日  平成28年2月29日 14時30分~16時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
              出席委員  3名
                       細川  修   委員長
                       平倉 勝美  副委員長
                       浅川 拓郎  委 員
             欠席委員   2名
                       山崎 正志  委 員
                       宮下喜美子  委 員
             放送事業者側 5名
                       花村  薫   代表取締役
                       飯沼 博則  取締役
                       佐藤 英雄  放送局長
                       大岩 堅一  シニアディレクター
                       中田 公久  総務部長

4. 議題
 (1) 花村社長あいさつ
 (2) 前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
 (3) 放送運営状況、新年度新番組について(報告)
 (4) 番組審議
   ①細川委員長あいさつ
   ②「生中継“イベントなう!”」について審議
   ③その他番組について審議
5. 議事の概要
    前回の審議会の意見に対する措置状況の報告があり、細川委員長のあいさつに続き、
   「番組コーナー生中継“イベントなう!」その他番組について審議
6.審議内容
 (1)「生中継“イベントなう!」について
  ・多くの地域のみなさんが集うイベントへ出かけて行くのは、地域のコミュニティエフエムの存
  在を認知していくうえでも必要だと思うので、どんどん地域の中へでかけていってほしい
  ・今回審議の「市民で歌う ふるさとの校歌」はイベント中継で取り上げたのは内容も含め大
  変よかったと思う
  ・リスナーを意識した時間帯としてもいい
  ・地域の子供達を育てる、地域を再発見する、多感な時期を過ごした心の中に残るそれぞれ
  の校歌に浸る企画に連動して告知、中継等で連携してきたとのことであるが、コミュニティエ
  フエムの存在をしめせるいい機会だったと思う
  ・それぞれの地域のイベントから、中継の声がかかるよう、今後コーナーの存在感をしめせる
  ような作りをしていってほしい
 (2)その他
  ・防災無線の個別受信機終了にともない、行政広報での活用が具体的になってきたようなの
  で、これらをベースに上をめざすプランをつくりあげていってほしい
  ・既存番組の「安曇野の民話」のように、ふるさとの校歌、まつりばやしなんかを取り上げた番
  組を検討していってはどうか
7.審議機関の意見に対しての措置
  ・開局以来、突撃中継や地域の主なイベントでの生中継は実施してきて、昨年10月からは、
  土曜日の「いいせやあづみ野」の中のコーナーとして生中継の“イベントなう!”を定例化して
  きた。今後、担当できるリポーターの育成も含め対応していく事としたい
  ・地域の文化をつないでいくという意味では、既存番組で“安曇野の民話”
  があるが、すでに番組としては終了したが「安曇族のなぞとロマン」「時代を駆け抜けた安曇
  野びと達」を放送してきている。ふるさとの校歌や提起のあった“まつりばやし”等今後番組づ
  くりの中で検討していく事としたい

1. 開催年月日  平成27年12月14日 14時30分~16時00分

2. 開催場所    あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席
              委員総数  5名
             出席委員  3名
                      細川  修   委員長
                      平倉 勝美  副委員長
                      宮下喜美子   委 員
              欠席委員  2名
                       山崎 正志  委 員
                      浅川 拓郎  委 員

               放送事業者側 5名
                       花村  薫   代表取締役
                       飯沼 博則  取締役
                       佐藤 英雄  放送局長
                       大岩 堅一  シニアディレクター
                       中田 公久  総務部長

4.議題
(1)花村社長あいさつ
(2)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
(3)放送運営状況について(報告)
(4)番組審議
①細川委員長あいさつ
②「公開生放送“おでかけラジオ761”」について審議
③その他番組について審議

5.議事の概要
前回の審議会の意見に対する措置状況の報告があり、細川委員長のあいさつに続き、
「おでかけラジオ761in JAあづみ大生活祭」、その他番組について審議

6.審議内容
(1)「おでかけラジオ761 in JAあづみ大生活祭」について
  ・地域のラジオという存在を示し認知度を向上させるには、外へ出ての公開生放送は
  効果的。ラジオを聴いてきたというみなさんを増やしていく企画としてもいい
 ・田園産業都市を目指す安曇野市にとって農業は根幹をなすもの、これを機会にJAと
 は番組コラボをしていってほしい。JAの番組企画を提案 してはどうか
(2)その他
  ・3周年といういい時期にきているので、もう少し外へのアピールがほしいあづみ野
 エフエムの看板をつけた車は効果的だと思う
  ・防災行政無線の個別受信機が3月末で終了になることで、市民のあづみ野エフエム
 への期待は大きい、それに応えられるよう番組企画、提案等対応をお願いしたい

7.審議機関の意見に対しての措置
  ・「おでかけラジオ761」はリスナーの拡大には効果的だと考えている
 毎月出れるよう、スポンサー確保できる企画提案をしていきたい。 将来的には
 街中へのサテライトスタジオの開設について、考えていきたい
  ・JAの番組については、今回の公開生放送はいい機会になったので、今後番組企画
 の提案をしていくこととしたい
  ・車については懸案事項で、今後、地域にアピールできるよう目立つ看板をつけた車に
 ついて対応していくこととしたい
  ・行政広報については、現在、コミュニティエフエムの役割として、土曜日を除く毎日、
  昼 と夜15分番組で広報あづみ野ラジオ版として実施している。現在、来年度へ向け
  た行 政広報について行政の担当と調整している
  地域のみなさんの共有メディアとして、ラジオから生まれるコミュニケーションで地域を
  つなぐ存在感を示していくこととしたい

1. 開催年月日  平成27年11月10日 15時00分~16時30分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
             出席委員  3名
               細川  修   委員長
               平倉 勝美  副委員長
               宮下喜美子  委 員
              欠席委員   2名
               山崎 正志  委 員
               浅川 拓郎  委 員

             放送事業者側 4名
               花村  薫   代表取締役
               佐藤 英雄  放送局長
               大岩 堅一  シニアディレクター
               中田 公久  総務部長

4. 議題
 (1) 花村社長あいさつ
 (2) 前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
 (3) 10月番組改編概要について(報告)
 (4) 番組審議
  ① 細川委員長あいさつ
  ② 「まちづくり多士済々」について審議
  ③ その他番組について審議
5.議事の概要
  前回の審議会の意見に対する措置状況の報告があり、細川委員長のあいさつに続き、
  「まちづくり多士済々」及びその他番組について審議
6.審議内容
 (1)「まちづくり多士済々」について
  ・地域づくりにコミュニティエフエムを活用をしていくという番組でいいと思う、
   そのような思いでいい番組に育てていってほしい
  ・出演者はどのように決めているのか
 (2)その他番組について
  ・学校等教育機関での活用が弱いのではないか
  ・安曇野文化等との連携をしてはどうか
7.審議機関の意見に対しての措置
  ・「まちづくり多士済々」は安曇野市市民生活部地域づくり課の提供ではじまった番組で、
   安曇野の地域づくりに活躍されている方(区長等)にご出演いただき、その活動内容等
    を紹介してもらっている。出演者については、地域づくり課が決めているが、紹介できる
   人が入れば、担当へ紹介する等の対応ができるので、ご紹介いただけるといい
  ・開局以来教育委員会へ番組の提案をしてきているが、形になっていないのが現実だ
    教育機関でのコミュニティエフエムの活用については、引き続き提案していく事にして
   いる
   なお、子供達を対象にした番組には、安曇野部活日記という番組があり、市内小中高
    の部活等の取材番組を放送している
   先に行われた中学生議会でも生放送内でインタビューをONAIRしている
  ・安曇野文化発行の思いと我々あづみ野エフエムのめざす思いは同じ部分もあり、いま
   までも連携しながらやってきているが、今後更に連携してやっていきたい

1. 開催年月日  平成27年8月24日 17時00分~18時30分

2. 開催場所   ビレッジ安曇野 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
             出席委員  5名
                     細川  修   委員長
                     平倉 勝美  副委員長
                     宮下喜美子  委 員
                     山崎 正志  委 員
                     浅川 拓郎  委 員

              放送事業者側 5名
                     花村  薫   代表取締役
                     飯沼 博則  取締役
                     佐藤 英雄  放送局長
                     大岩 堅一  シニアディレクター
                     中田 公久  総務部長

4. 議題
 (1) 花村社長あいさつ
 (2) 前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
 (3) 特別番組実施状況等(安曇野花火、こどもFesta、市総合防災訓練)
 (4) 番組審議
   ① 細川委員長あいさつ
   ② 「さあ えべや」「安曇野花火生中継」について審議
   ③ その他番組について審議
5. 議事の概要
    前回の審議会の意見に対する措置状況の報告があり、細川委員長のあいさつに続き、
     「さあ えべや」「安曇野花火生中継」及びその他番組について審議
6.審議内容
 (1)「さあ えべや」について
  ・方言は地域の文化のシンボル、安曇野の地域性を持った独自の文化なので、方言を使いド
   ラマ仕立てで展開している番組でいい
  ・時々、中学生や高校生にも出演してもらっているということだが、次の代にも方言という地域
   の文化を繋げていくのは大切なことなので、各学校の放送委員に依頼する等学生の出演 
   についても積極的に取り入れていけばいい
  ・番組を聴きながら、ストーリーから安曇野の情景が連想でき、ラジオだからできる頭で想像
   が広がる内容になっている
 (2)「安曇野花火生中継」について
  ・今回、駐車場へリポーターを配置し、駐車場からのシャトルバスでもあづみ野エフエムを流
   すよう対応したという事で、番組として充実した企画になっている
   また、駐車場のリポーターはリスナーにお願いし対応したとのことで、開局3年目の広がり
    を感じる
  ・ラジオを聴きながらの花火見物は、臨場感があっていい
 (3)その他番組等について
  ・3月末で市の防災無線個別受信機が廃止になり、市民の間からそれにかわる情報収集手
   段としてのあづみ野エフエムの活用への思いが出てくると思うので、タイミングを逸しないよ
   う、ラジオの活用について行政対応をお願いしたい
6. 審議機関の意見に対しての措置
 (1) 方言をからめた番組は現在2つの番組がある。方言は地域の文化のシンボルで、時代が
   変わる中でだんだんうすれていく存在でもあるので、 引きつづき番組として膨らませて行
   きたい。また、方言になじみのない若い世代の出演にも積極的に対応していく事としたい
 (2) 今回駐車場からの中継をリスナーさんに対応してもらったが、今後特派員としての組織化
   も視野にいれていきたい
 (3) 長い事なじんできた個別受信機の廃止については、市民のみなさんからもいろいろな意
   見を聞いている。行政情報や地域の催しの情報提供等について、あづみ野エフエム活用 
   の期待度の高いのを感じているので、行政対応も含め地域の皆様の期待に応える番組作
   り、対応をしていく事とする


                                                  以上

1.開催年月日  平成27年6月29日 15時00分~16時30分

2.開催場所   あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3.委員出席 委員総数  5名
           出席委員   4名
             平倉 勝美  副委員長
             宮下喜美子  委 員
             山崎 正志  委 員
             浅川 拓郎  委 員
  欠席委員   1名
             細川  修  委員長

         放送事業者側 5名
             花村  薫   代表取締役
             飯沼 博則  取締役
             佐藤 英雄  放送局長
             大岩 堅一  シニアディレクター
             中田 公久  総務部長

4. 議題
(1)花村社長あいさつ
(2)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
(3)7月番組改編概要について
(4)イベント、公開生放送の予定について
(5)番組審議
①平倉副委員長あいさつ
②新番組「カラオケの時間ですよ~」について審議
③その他番組について審議
5.議事の概要
前回の審議会の意見に対する措置状況の報告があり、平倉副委員長のあいさつに続き、「カ
ラオケの時間ですよ~」及びその他番組について審議
6.審議内容
(1)「カラオケの時間ですよ~」について
 ・単なるカラオケを歌うだけの番組とちがい、パーソナリティが登場ゲストの人となりをうまく引
出しておりいい番組になっている
 ・カラオケのようにコアなファンがいる番組、たとえば俳句等いくつか考えて、地域住民が参
加できる番組企画をお願いしたい
(2)その他
 ・ラジオを聴いてもらおうとしても、現実的にはラジオのない家庭が多いのが現実ではないか
 ラジオを持っていただく仕組みが必要ではないか。今年度末には各家庭の個別受信機が使
えなくなる、屋外子局の放送は室内にいるとよく聴こえない、エリアメールでの対応ができな
い方もいる。そのような皆さんには市の情報も耳から入らなくなるので、エフエムとしてもその
ような状況を頭に入れた活動が必要ではないか
 ・防災関係情報を定期的に流すことを考えてはどうか
7.審議機関の意見に対しての措置
(1)に対する対応
・「カラオケの時間ですよ~」はスタートしたばかりなので、これからいろんな意見を反映しなが
ら、肉付けをし育てていきたい
 出演者についても、特定の年代に限らず若者からお年寄りまで幅広い層からの出演者で制
作していくこととしたい
なお、8月は高校生の出演収録を予定している
(2)に対する対応
・安曇野市と周辺の池田町、松川村、生坂村とは災害時における放送協定を結んでおり、放
送エリア内で緊急情報があれば放送内に割り込み対応している。なお、前年度は警報等気象
情報、交通情報、熊出没、停電、行方不明者情報など年間約200件の緊急割込み放送を実
施している
安曇野市については、今年度末の個別受信機終了後の広報対応について引き続きラジオの
活用を提案していくこととしたい
・防災に関する情報として、東京からの配信番組「防災インフォメーショ  ン」を1日1回5分放
送している。

  • お問い合わせ・リクエスト
  • FAX0263-62-0207
  • タイムテーブル
  • お知らせ
  • プレゼント

あずみ野エフエム株式会社

〒399-7194
長野県安曇野市明科七貴6043
TEL.0263-62-0208
FAX.0263-62-0207
お問い合わせ
access map

詳しい地図はこちら