会社概要|あづみ野エフエム|長野県 安曇野市 コミュニティエフエム

1. 開催年月日  平成26年6月25日 15時00分~16時30分

2. 開催場所   あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
    出席委員  3名
            細川 修   委員長
            平倉 勝美  副委員長
            中島くに子 委 員
    欠席委員  2名
            山崎 正志  委 員
            宮下喜美子  委 員
    放送事業者側 4名
            飯沼 博則  取締役
            佐藤 英雄  放送局長
            大岩 堅一  シニアディレクター
            中田 公久  総務部長

4. 議題
   (1) 飯沼取締役あいさつ
   (2) 7月番組改編の内容について(報告)
   (3) 前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
   (4) 番組審議
     ① 細川委員長あいさつ
     ② 「You Gotta 情報局」について
     ③ その他番組について
5. 議事の概要
    7月の番組改編内容について報告、前回の審議会の意見に対する措置状況を報告後、
    細川委員長のあいさつに続き、「You Gotta 情報局」およびその他番組について審議
6.審議内容
   <You Gotta 情報局ついて>
   ・ふるさとの歴史の現場を訪ねるコーナーを設けてはどうか
   ・あづみ野エフエムの存在を地域のみなさんに認知してもらうためにも、あづみ野エフエム
   を大きくペイントしたラジオカーを配備し、You gotta情報局等で街中からのレポートをす
   る等を検討してはどうか

   <その他番組について>
   ・医療系の番組がいくつかあるが、番組内へ病気を体験した市民を登場させてはどうか。患
   者の立場からの悩みが共有できることで、よりリスナーが増えるのではないか
   ・ペットの番組は、飼い主のリスナーは聴きたい番組だと思う
   ・広報あづみのは再開したほうがよいのではないか
   ラジオ版がなくなって広報誌も読まなくなったという声も聞く。行政側の考えもあると思うが、
   コミュニティーエフエムとしての役割も考慮した方がいい

7.審議機関の意見に対しての措置
   ・現在は不定期になっているが、「いにしえの現場」というコーナーは継続しているので、全
   体構成の中で検討していくこととする
   ・ラジオカーについては配備したいところであるが、経費との関係もあるので、検討すること
   としたい
   ・病気の体験者の出演については、それぞれの提供元とも相談していくこととしたい
   ・広報あづみのラジオ版については、10月改編時にむけてどう対応するのか検討していく
   事とする


1. 開催年月日  平成26年4月24日 15時00分~16時30分

2. 開催場所   あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
出席委員   4名
細川 修   委員長
平倉 勝美  副委員長
宮下喜美子 委 員
中嶋くに子  委 員
欠席委員   1名
山埼 正志  委 員

    放送事業者側 5名
             花村  薫   代表取締役社長
             飯沼 博則  取締役
             佐藤 英雄  放送局長
             大岩 堅一  シニアディレクター
             中田 公久  総務部長

4. 議題
   (1) 社長あいさつ
   (2) 前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
   (3) 番組審議
       ① 細川委員長あいさつ
       ② 「おひさまサークル」について
       ③ その他番組について
5. 議事の概要
    4月の番組改編内容について報告、前回の審議会の意見に対する措置状況を報告後、     細川委員長のあいさつに続き、「おひさまサークル」およびその他番組について審議
6.審議内容
    <おひさまサークルについて>
    ・女性をターゲットにした番組ということなので、女性の参加をうながす企画ものがあって      もいい
     女性のリスナーを増やすという事からも、市内の神社めぐりとか女性の集 まる企画をし     番組化していってはどうか
    ・局側だけでのつくりだと広がりがかぎられているので、リスナーの拡大へむけ、女性の     ネットワークの活用(PTAとか女性学級とか子育て等のネットワークの活用等)連携を考え    ていってはどうか
    <その他番組について>
    ・安曇野市は観光をうたっているが、外国人に対する対応が欠けている
    番組で英会話等外国語のコーナーを企画してはどうか
    ・再放送が多い気がする、出演者がリスナーの知り合いではない番組等だとリスナーは     再放送という言葉を聞いただけで他局へ変えてしまうのではないか、生放送等で頑張って    いるのに再放送が多いという印象になってしまうのは好ましくないので、工夫したほうがい    い
    ・記念日の企画ものをやってはどうか
    ・広報あづみのは貴重な番組だった。やっていくべきではないか
7.審議機関の意見に対しての措置
    ・現在、子育てのお母さんをターゲットにしたイベント・番組企画を立案中
    「(仮称)おひさまママサークル」で早ければ来月からスタートさせたい
    イベント企画、番組企画立案、実施にあたっては、子育て中のお母さん達にも参画しても    らうことで進めている
    ・英会話の件については、コーナーとして検討していく事としたい
    ・再放送については、聴けなかった方々からの要望もあるので、表現方法等考えていきた    い。番組表の掲出内容についても工夫していく
    ・行政からの緊急情報やリリース資料については、当然対応しているところであるが、「広    報あづみの」については、開局以来朝昼夜の3回定例番組として対応してきたが行政側と    しての考え等から判断し、当面定例番組としてではなく、生番組の中等で必要な都度扱う    事とした

あづみ野エフエム放送第9回放送番組審議会議事録


1. 開催年月日  平成26年2月25日 15時00分~16時30分

2. 開催場所   あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
    出席委員  4名
     細川 修   委員長
     平倉 勝美  副委員長
     山﨑 正志  委 員
     宮下喜美子 委 員
    欠席委員  1名 
     中嶋くに子  委 員
    放送事業者側 5名
     花村  薫   代表取締役社長
     飯沼 博則  取締役
     佐藤 英雄  放送局長
     大岩 堅一  シニアディレクター
     中田 公久  総務部長

4. 議題

(1) 社長あいさつ
(2) 前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
(3) 番組審議
  ①細川委員長あいさつ
  ②「広報あづみのラジオ版」について
  ③その他番組について

5. 議事の概要
大雪における放送対応報告、前回の審議会の意見に対する措置状況を報告後、細川委員長のあいさつに続き、「広報あづみのラジオ版」およびその他番組について審議

6.審議内容
<広報あづみのラジオについて>
・市の情報、イベント情報等を告知しているが、これらについては取材にでかけてあづみ野エフエムの存在をもっと示した方がいいのではないか
 お知らせ版だけではもったいない
・市長と語る会が開催されているが、これを題材とした番組をつくってはどうか
・コミュニティーエフエムを活用した街づくりの番組をしかけてはどうか
<その他>
・実績を積み上げていかないと、活用の機運までいかないのではないか。リス
ナー拡大の努力、外へ出ての取材での存在感を示すことが必要
・今回の大雪に対する放送の状況を伺ったが、災害時に存在感を示せる形をつくっていってほしい
7.審議機関の意見に対しての措置
・広報あづみ野ラジオ版で扱っているイベント等へは取材に出かけ生あるいは
収録ものとして放送している
・今後は体制も含めて積極的に外への取材をしていくこととしたい
・広報あづみ野ラジオ版の番組として市の活用がみえてこないので、4月の改編では扱いを見直すこととしている
・試行的にはじめた市まちづくり推進課の「まちづくり多士済済」の番組や健康福祉部のコーナー、観光課の情報コーナー等を当面充実させていくこととする
・今回の大雪に対応する情報発信体制等を総括し、気象警報発出時の対応を整理し実践していくこととする

1. 開催年月日  平成25年12月17日 16時30分~18時00分

2. 開催場所    あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3. 委員出席    委員総数  5名


              出席委員  3名

              細川  修   委員長
              平倉 勝美  副委員長
              宮下喜美子 委 員

               欠席委員  2名 

              山﨑 正志  委 員
              中嶋くに子  委 員

              放送事業者側 4名

              花村  薫   代表取締役社長
              飯沼 博則  取締役
              大岩 堅一  シニアディレクター
              中田 公久  総務部長

4.議題
     (1) 社長あいさつ
     (2) 前回審議会における措置状況および運用状況について(報告)
     (3) 番組審議
               ① 細川委員長あいさつ
               ② 開局1周年感謝ウィーク特別番組について
               ③ その他番組について
5.議事の概要
放送の運用状況、前回の審議会の意見に対する措置状況を報告後、細川委員長のあいさつに続き、
11月18日~24日の「開局1周年感謝ウィーク特別番組」について審議

6.審議内容
<開局1周年感謝ウィーク特別番組について>
・1周年記念ウィークの特番については、市内各地を1週間にかけて中継
したのはよかった
・23日、24日の安曇野の里チロルでの出前スタジオからの生放送は、
それなりの集客もあったということで、将来への可能性を感じる
・23日のFM世田谷の「あの頃青春グルフティー」の安曇野からの全国
59局への発信は大きく安曇野を全国へ発信でき、24日の安曇野市観
光大使の上松美香トーク&ライブ、なろう一つに全員集合を含めいい企
画だったと思う

<その他番組等について>
・パーソナリティーはうまく育ってきたと思う
・地元の人、県外者、観光客とリスナーはいろんな層が聴いているので、
地域を取材してネタをしっかりまとめて作り上げて行ってほしい。防災、
災害時の対応のためにもこれからの取材力に期待したい
・声でその状況をつたえるのは難しいと思うが、車で通りすぎているだけ
ではわからないもの、汗をかいて歩いて感じる事を伝えられる表現も工
夫してほしい
・町をあげてやっている活動を取り上げてはどうか(荒廃地再生、レンゲ
プロジェクト等の活動)
・市が掲げている田園都市安曇野、田園産業都市安曇野の進捗状況等政治
的な課題を扱う番組を考えてはどうか

7.審議機関の意見に対しての措置
・今後パーソナリティーにはアンテナをしっかりはって、地域へ出て、安
曇野を体験させていきたい。安曇野の下敷きになっているところを体験
させ、しっかり安曇野を発信できるようにしていきたい
・防災、災害時の対応も想定し、とにかく地域へ出て現場へ出て情報収集
し、取材力を向上させていきたい
・政治的な番組は、パーソナリティが自分の考えがない中では難しくリス
クが大きいので、いますぐの番組企画は難しい
・あづみ野エフエムらしさを出して理念、柱をしっかりもって取り組んで
いきたい


                            以上

1. 開催年月日  平成25年11月1日 13時30分~15時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3. 委員出席   委員総数  5名

         出席委員  3名

         平倉  勝美  副委員長
         山﨑  正志  委 員
         宮下喜美子 委 員

         欠席委員  2名 

         細川  修    委員長
         中嶋くに子   委 員

         放送事業者側 5名

         花村  薫   代表取締役社長
         飯沼 博則  取締役
         佐藤 英雄  放送局長
         大岩 堅一  シニアディレクター
         中田 公久  総務部長

4. 議題

      (1) 社長あいさつ
      (2) 前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
      (3) 番組審議
        ① 平倉副委員長あいさつ
        ② 特別番組「市長選、市議選開票速報」について
        ③ その他番組について

5. 議事の概要
放送の運用状況、前回の審議会の意見に対する措置状況を報告後、平倉副委員長のあいさつに続き、10月6日の特別番組「市長選、市議選開票速報」について審議

6.審議内容
<市長選、市議選開票速報について>
・投票率の向上のためにも、市長選、市議選の投票時間帯の投票率の発表はした方がよかったのではないか
・選管の発表と同時に市のホームページ掲載があったようだが、ラジオしか情報入手がない方については、効果があったと思う
・選管の発表はエフエム放送で流す旨を、市側も積極的に広報してもらうよう
 対応してもらった方がよかったのではないか
<その他番組等について>
・民話は流す回数が多いという意見もあったが、FMの民話の番組に出てくる場所と市の観光マップとうまくマッチングさせれば、いい情報発信につながり地域の活性化にもつながる、安曇野の民話は次の展開として観光資源のひとつとしていくことを考えてはどうか
・広報あづみ野ラジオ版に、総合支所が発信しているタイムリーな情報を入れられないか

7.審議機関の意見に対しての措置
・日曜日でもあり人材配置の問題はあるが、昼間の投票時間帯の投票率の発表については、選管とも相談し次回の市長選、市議選では考えていきたい
・開票速報の問合せは事前に何件か問合せがあった。開票速報のFMでの特番広報については、市側も積極的に広報してもらうよう対応していくこととする
・民話については財産なので、次の展開を検討していくこととする
・市の広報「広報あづみ野ラジオ版」については、市と継続対応中で、各総合支所独自の情報についても対応できるよう交渉中である

  • お問い合わせ・リクエスト
  • FAX0263-62-0207
  • タイムテーブル
  • お知らせ
  • プレゼント

あずみ野エフエム株式会社

〒399-7194
長野県安曇野市明科七貴6043
TEL.0263-62-0208
FAX.0263-62-0207
お問い合わせ
access map

詳しい地図はこちら