会社概要|あづみ野エフエム|長野県 安曇野市 コミュニティエフエム

1. 開催年月日  平成25年12月17日 16時30分~18時00分

2. 開催場所    あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3. 委員出席    委員総数  5名


              出席委員  3名

              細川  修   委員長
              平倉 勝美  副委員長
              宮下喜美子 委 員

               欠席委員  2名 

              山﨑 正志  委 員
              中嶋くに子  委 員

              放送事業者側 4名

              花村  薫   代表取締役社長
              飯沼 博則  取締役
              大岩 堅一  シニアディレクター
              中田 公久  総務部長

4.議題
     (1) 社長あいさつ
     (2) 前回審議会における措置状況および運用状況について(報告)
     (3) 番組審議
               ① 細川委員長あいさつ
               ② 開局1周年感謝ウィーク特別番組について
               ③ その他番組について
5.議事の概要
放送の運用状況、前回の審議会の意見に対する措置状況を報告後、細川委員長のあいさつに続き、
11月18日~24日の「開局1周年感謝ウィーク特別番組」について審議

6.審議内容
<開局1周年感謝ウィーク特別番組について>
・1周年記念ウィークの特番については、市内各地を1週間にかけて中継
したのはよかった
・23日、24日の安曇野の里チロルでの出前スタジオからの生放送は、
それなりの集客もあったということで、将来への可能性を感じる
・23日のFM世田谷の「あの頃青春グルフティー」の安曇野からの全国
59局への発信は大きく安曇野を全国へ発信でき、24日の安曇野市観
光大使の上松美香トーク&ライブ、なろう一つに全員集合を含めいい企
画だったと思う

<その他番組等について>
・パーソナリティーはうまく育ってきたと思う
・地元の人、県外者、観光客とリスナーはいろんな層が聴いているので、
地域を取材してネタをしっかりまとめて作り上げて行ってほしい。防災、
災害時の対応のためにもこれからの取材力に期待したい
・声でその状況をつたえるのは難しいと思うが、車で通りすぎているだけ
ではわからないもの、汗をかいて歩いて感じる事を伝えられる表現も工
夫してほしい
・町をあげてやっている活動を取り上げてはどうか(荒廃地再生、レンゲ
プロジェクト等の活動)
・市が掲げている田園都市安曇野、田園産業都市安曇野の進捗状況等政治
的な課題を扱う番組を考えてはどうか

7.審議機関の意見に対しての措置
・今後パーソナリティーにはアンテナをしっかりはって、地域へ出て、安
曇野を体験させていきたい。安曇野の下敷きになっているところを体験
させ、しっかり安曇野を発信できるようにしていきたい
・防災、災害時の対応も想定し、とにかく地域へ出て現場へ出て情報収集
し、取材力を向上させていきたい
・政治的な番組は、パーソナリティが自分の考えがない中では難しくリス
クが大きいので、いますぐの番組企画は難しい
・あづみ野エフエムらしさを出して理念、柱をしっかりもって取り組んで
いきたい


                            以上

1. 開催年月日  平成25年11月1日 13時30分~15時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3. 委員出席   委員総数  5名

         出席委員  3名

         平倉  勝美  副委員長
         山﨑  正志  委 員
         宮下喜美子 委 員

         欠席委員  2名 

         細川  修    委員長
         中嶋くに子   委 員

         放送事業者側 5名

         花村  薫   代表取締役社長
         飯沼 博則  取締役
         佐藤 英雄  放送局長
         大岩 堅一  シニアディレクター
         中田 公久  総務部長

4. 議題

      (1) 社長あいさつ
      (2) 前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
      (3) 番組審議
        ① 平倉副委員長あいさつ
        ② 特別番組「市長選、市議選開票速報」について
        ③ その他番組について

5. 議事の概要
放送の運用状況、前回の審議会の意見に対する措置状況を報告後、平倉副委員長のあいさつに続き、10月6日の特別番組「市長選、市議選開票速報」について審議

6.審議内容
<市長選、市議選開票速報について>
・投票率の向上のためにも、市長選、市議選の投票時間帯の投票率の発表はした方がよかったのではないか
・選管の発表と同時に市のホームページ掲載があったようだが、ラジオしか情報入手がない方については、効果があったと思う
・選管の発表はエフエム放送で流す旨を、市側も積極的に広報してもらうよう
 対応してもらった方がよかったのではないか
<その他番組等について>
・民話は流す回数が多いという意見もあったが、FMの民話の番組に出てくる場所と市の観光マップとうまくマッチングさせれば、いい情報発信につながり地域の活性化にもつながる、安曇野の民話は次の展開として観光資源のひとつとしていくことを考えてはどうか
・広報あづみ野ラジオ版に、総合支所が発信しているタイムリーな情報を入れられないか

7.審議機関の意見に対しての措置
・日曜日でもあり人材配置の問題はあるが、昼間の投票時間帯の投票率の発表については、選管とも相談し次回の市長選、市議選では考えていきたい
・開票速報の問合せは事前に何件か問合せがあった。開票速報のFMでの特番広報については、市側も積極的に広報してもらうよう対応していくこととする
・民話については財産なので、次の展開を検討していくこととする
・市の広報「広報あづみ野ラジオ版」については、市と継続対応中で、各総合支所独自の情報についても対応できるよう交渉中である

あづみ野エフエム放送 第6回番組審議会

1. 開催年月日  平成25年8月29日(木) 15時00分~16時30分

2. 開催場所   あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3. 出 席 者  委員総数5名
    ◆出席委員3名/  細川  修 委員長
              平倉 勝美 副委員長
              山﨑 正志 委 員
    ◆欠席委員2名/  中嶋くに子 委 員
              宮下喜美子 委 員
    ◆放送事業者側4名/花村  薫 代表取締役社長
              飯沼 博則 取締役
              大岩 堅一 シニアディレクター
              中田 公久 総務部長


4. 議題
   (1)社長あいさつ
   (2)放送運用状況について(報告)
   (3)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
   (4)番組審議
      ①細川修委員長あいさつ
      ②「あづみ野花火生中継」について審議

5. 議事の概要

    放送の運用状況、前回の審議会の意見に対する措置状況を報告後、細川委員長の
    あいさつに続き、8/14の特別番組「安曇野花火生中継」について審議


6. 審議内容

  <安曇野花火生中継について>

    ・花火を音で伝えるラジオと花火見物はなじまないと思っていたが、遠くで観る
     人達もいるので、ラジオを聴きながらの花火見物は臨場感もあり効果的だった

    ・パーソナリティーも感動的な場面を実況しており、遠くから見物するお客様に
     も伝わるいいい企画だった

    ・せっかくの企画、あづみ野エフエムが中継をやること、「ラジオを持っての花
     火見物」をもっとPRしたほうがよかったのではないか

    ・安曇野花火はいい条件の中で実施できたが、翌日の諏訪湖花火のように大雨で
     途中で中止になった場合、それらに対応するどの程度の訓練がされているのか

    ・諏訪湖花火中止後のLCV‐FMの対応状況は、コミュニティエフエムの優位性
     を理解してもらうにはいい事例なので、今後の市との対応に活用していけばい
     い

    ・今の気象状況は、昔と違う状況になってきており、これらに対応できる状況を
     積み上げて会社の力量を高めていってほしい


  <その他番組等について>

    ・地域の問題や県でおこっていることをテーマにする番組を考えてはどうか

    ・市長選、市議選を前に、投票に行こうを流すのも必要ではないか

    ・JAとのタイアップはどうか

    ・各地区の区長を登場させる番組をつくってはどうか

    ・コミュニティーエフエムはいろんな可能性を秘めているので、期待したい


7. 審議機関の意見に対しての措置

    ・花火番組の番宣については、各番組内での告知や、花火実行委員会のポスタ
     ー等でPRした。次年度へむけては「ラジオを持って花火を観に行こう」を
     さらに浸透させていくこととする

    ・社会的なネタは軽々しくは扱えない。扱うには県域放送のように専従で取材
     できる人が必要。体験はさせていきたいが、現状は難しい

    ・市長選を前に、立候補予定者の政策討論会の企画は考えていきたい市長選、
     市議選の投票広報は、広報あづみ野ラジオ版の中でも当然流していくことに
     なる。市の選管とも対応する

    ・区長登場の番組は当初から企画検討しているので、今後具体化していきたい

    ・JAとのタイアップは、現在、番組提供について提案交渉中である

    ・以前提起いただいた看板については、市の条例や経費の点で実施が難しいこ
     とから、市の景観条例を考慮し、可能なところ効果等を考慮しのぼり旗を設
     置していくこととしている

8. 審議機関の意見に対しての措置

   (1)公表の方法
       自社ホームページ(http://www.azuminofm.co.jp)へ掲載
   (2)公表の内容
       議事録
   (3)公表年月日
       平成25年9月5日

あづみ野エフエム放送 第5回番組審議会

1. 開催年月日  平成25年6月11日(火) 17時00分~18時15分

2. 開催場所   あづみ野エフエム放送株式会社 会議室

3. 出 席 者  委員総数5名
    ◆出席委員3名/  平倉 勝美 副委員長
              山﨑 正志  委 員
              宮下喜美子 委 員
    ◆欠席委員2名/  細川 修  委員長
              中嶋くに子 委 員
    ◆放送事業者側4名/花村  薫 代表取締役社長
              飯沼 博則 取締役
              中田 公久 総務部長
              大岩 堅一 シニアディレクター


4. 議題
   (1)社長あいさつ
   (2)前回審議会以降の運用状況(報告)
   (3)第4回審議会の意見に対する措置状況(報告)
   (4)番組審議
      ①「おひさまサークル」について
      ②その他番組について

5. 議事の概要

    放送の運用状況、リスナーの反応等について報告後、平日の1時~2時の生番組
    「おひさまサークル」について各担当パーソナリティーの独自コーナー「ゆんた
    く散歩」「食のことわざ」「ハートの出会い」「お子様サークル」「教えてドク
    ター」について審議


6. 審議内容

  (1)「おひさまサークル」について

    ・取材先はどのように選んでいるのか、取材先エリアがかたよっているのではな
     いか。特定エリアの情報が多いような気がする。もっと安曇野や周辺エリアを
     広く取材し発信する工夫が必要ではないか

    ・取材先を紹介するのに、旧町村名や大字名までにとどまっているが、小字まで
     紹介してやると、より親しみをもって聴いてもらえるのではなかいか
     県域放送では聞こえてこない地区の名前が出てくるのは、コミュニティーだか
     らの特色となる

    ・開局当初のように番組宣伝はもっと入れたほうがいいのではないか

    ・次回の出演者とか次回はどこへ取材に行くとか、次回の予告を入れると、身近
     な人が出演するなら近所へ取材にくるなら聴いてみようとなるので、リスナー
     を増やす手段にもなるし、知り合いが出ると知れば口コミでも広がると思う


  (2)その他番組について

    ・あづみ野の民話の30分番組は長いような気がする


7. 審議機関の意見に対しての措置

    ・取材先については、たまたまスタジオに近いエリアの方の出演が多かったと思
     うが、全エリアの情報を収集し、その番組のコンセプトに基づき、安曇野を元
     気にする、安曇野のいいところを発信していく番組作りを念頭に取り組んでい
     くこととする

    ・地区の名前を入れた紹介は今後の中へ反映していくこととする。あわせてパー
     ソナリティーには地区名を知る勉強をしていく

    ・各自担当番組の中で、次回の番宣を行うこととする(可能な限り次回の取材先
     や出演者の紹介をしていくこととする)

    ・あづみ野の民話については、長編の民話もありそれらをONAIRするには、
     現行の尺が必要。それぞれの評価があるが、現行の尺でいくこととする

あづみ野エフエム放送 第4回番組審議会

1. 開催年月日  平成25年4月23日(火) 14時30分~16時00分

2. 開催場所   ちくま精機株式会社 会議室

3. 出 席 者  委員総数5名
    ◆出席委員4名/  細川  修 委員長
              平倉 勝美 副委員長
              山﨑 正志  委 員
              宮下喜美子 委 員
    ◆欠席委員1名/  中嶋くに子 委 員
    ◆放送事業者側4名/花村  薫 代表取締役社長
              飯沼 博則 取締役
              浜  泰平 執行役員
              中田 公久 総務部長


4. 議事次第
   (1)社長あいさつ
   (2)4月番組改編内容について(報告)
   (3)番組審議
      ①細川修委員長あいさつ
      ②「E Say eah あづみ野」について審議

    <委員の意見>

    ・「E Say Yeah あづみ野」はどんな思いで企画した番組か、
     タイトル名はどんな思いでつけたのか。
       地域のみなさんや、観光で訪れるお客様に、あづみ野の旬の情報を発信する
       番組として、中継を交え安曇野の旬のイベントや旬の野菜等を紹介していき
       たい。今まで土曜日に生放送を入れてなかったが、4月の番組改編に伴い観
       光客を意識し地域住民を含め土日のイベント情報等安曇野の旬な情報をタイ
       ムリーに伝える番組を企画した。タイトルは方言のいいせや(いいじゃない
       ですか)を基に、Eは(エンジョイ、エブリワンのE)みんなで楽しくさわごうや、
       そして安曇野を発信していこうとの思いを込めている。

    ・まーさん食堂のコーナーでは旬の野菜等を紹介するコーナーとのことであるが、
     リスナーに伝わる表現を工夫するといい。先日のコーナーでは山菜を紹介してい
     たが、状況を伝えるのにただ山がきれいというだけではなく、たとえば風が吹い
     て…というような言葉を加えた表現をするとより安曇野の風景が状況が伝わって
     くると思う。

    ・パーソナリティー二人の会話はテンポがありある意味心地よいが、間のとりかた
     を工夫すれば、よりリスナーに情報が伝わると思う。


   ■その他番組について
    ・昼の時間帯に情報番組があったほうがいいのではないか。

    ・他の地域から安曇野を訪れるお客様に、特に車で来るお客様に76.1を知ってもら
     う手段を考えてはどうか(安曇野インターをおりたところに76.1の看板を設置で
     きないか)

    ・まだまだあづみ野エフエムを知らない人が多いと感じる。知らない人が知れば層
     が広がり、知らない人があづみ野FMに関心を持てばベースのところができる。
     あづみ野エフエムがこの地域が元気になるいいベースになることを期待している。

          以上、各委員から多数のご意見をいただきました

  • 緊急告知機能付き防災ラジオ
  • お問い合わせ・リクエスト
  • FAX0263-62-0207
  • タイムテーブル
  • お知らせ
  • プレゼント

あずみ野エフエム株式会社

〒399-7194
長野県安曇野市明科七貴6043
TEL.0263-62-0208
FAX.0263-62-0207
お問い合わせ
access map

詳しい地図はこちら